ライスパのお仕事

意外にアナログなIT会社の業連

会津屋の郷(さと)を訪ねて。

1590(天正8年)会津漆器生産が始まる。同年、秀吉が全国統一。
1661(寛文元年)会津漆器に初めて蒔絵が取り入れられる。
1772(安永元年)藩の借金は五十七万両に及び、破綻状態。
1781(天明元年田中玄宰(たなかはるなか)が、三四歳にして会津藩の家老に。
1782(天明2年)天明の大飢饉
1787(天明7年)田中玄宰の藩政改革開始。
1792(寛政4年)漆芸の老舗「柳庵初瀬川」が京都に創業。
・・(天明年間)京都から木村藤蔵を招き、「消粉蒔絵」の技術を領内の職人に学ばせる。
・・(天明〜文化年間)中国、オランダに漆器の輸出を開始。
1804(文化元年)日新館を建設。
1813(文化10年)由蔵が生まれる。 土地の蒔絵師に弟子入り。年期明け。
1832年(天保3年)鈴善が営業を開始。
1838(天保9年) 塗師重在門に誘われ、春、伊勢参りに旅立つ。
1840(天保11年)蒔絵技法の「会津絵」が確立される。
1851(嘉永4年)小谷(おや)村(現在の大戸町小谷)で村方役人の肝煎(きもいり)である初瀬川家に、建増が生まれる。
1868(・・)建増、17歳で肝煎となり会津藩の蝋漆(ろううるし)取締役も勤める。

三保ノ松原(世界遺産)の空撮

f:id:cippillo:20131127153944j:plain
f:id:cippillo:20131127153934j:plain

業務空撮ロケハンで世界遺産で話題の清水海岸(静岡県)へ。
しっかりと半島感を出したかったが、海を前にすると墜落トラウマで高度不足。


三保ノ松原
f:id:cippillo:20131127153946j:plain
f:id:cippillo:20131127153942j:plain


三保灯台(文化遺産)
f:id:cippillo:20131127153941j:plainf:id:cippillo:20131127153943j:plain


清水海岸の激しい海岸侵食
f:id:cippillo:20131127153945j:plain


三保内浜海水浴場
f:id:cippillo:20131127153940j:plain


三保真﨑海水浴場
f:id:cippillo:20131127153930j:plain
f:id:cippillo:20131127153934j:plainf:id:cippillo:20131127153932j:plainf:id:cippillo:20131127153933j:plain


清水エスパルス練習場
f:id:cippillo:20131127153936j:plain


住宅開発が進む。遠方に折戸湾
f:id:cippillo:20131127153931j:plain


三保灯台前の駐車場と三保飛行場
f:id:cippillo:20131127153938j:plainf:id:cippillo:20131127153939j:plain

空撮導入テスト

機材も安くなってきたところで、空撮を取り入れようと画策しています。
事業に使えるか操作や撮影の練習をしながらの吟味。
動画はジンバルというブレ補正の高価な機材が別途必要になるので、まずは静止画で業務レベルに使えるかたちになるかの検討です。

f:id:cippillo:20131012085128j:plain

Flight exp: 180min
Location: Sakawa River and Hayakawa Port
Memo: 初めて夜景にチャレンジ。夜の方が機体灯があるので見失いにくいものの、進行方向がつかみにくく難しい。


f:id:cippillo:20131012085119j:plainf:id:cippillo:20131012085121j:plainf:id:cippillo:20131012085122j:plainf:id:cippillo:20131012085123j:plainf:id:cippillo:20131012085124j:plainf:id:cippillo:20131012085125j:plainf:id:cippillo:20131012085126j:plainf:id:cippillo:20131012085127j:plainf:id:cippillo:20131012085130j:plain


Flight exp: 210min
Location: Kadoike and Hayakawa Port
Memo: 練習場以外での実戦投入開始。遠くに飛ばしているときは、絶対目を離したらいけない。空に溶けこみ、機体を見失って焦った。

f:id:cippillo:20131012085142j:plainf:id:cippillo:20131012085132j:plainf:id:cippillo:20131012085137j:plainf:id:cippillo:20131012085138j:plainf:id:cippillo:20131012085140j:plain

国営みちのく杜の湖畔公園ロケハン(2)ふるさと村

東北6県の古民家を移築・復元したエリア。

十九世紀の東北六県の各県の特徴を有する古民家(茅葺きの農家)が一堂に会している東北古民家園です。
このような古民家の集積では日本随一。
各古民家は学識経験者の指導のもと、当初建てられた原形に戻しています。学術的にもしっかりした建物となっています。
このため、古民家は文化財(宮城県川崎町指定文化財(建造物))に指定されています。
東北地方の古民家を短時間で巡り、百年前にタイムスリップしてみませんか。


●多目的ホール ふるふる


●だんだん畑


●釜房の家(宮城県川崎町・地元)
19世紀半ば
直屋(すごや)、馬屋は付属屋式


●湯田川の松


●本荘由利の家(秋田県)
19世紀末
両中門造り


●月山山麓の家(山形県)
19世紀半ば
妻入り式養蚕家屋


●南会津の家(福島県)
19世紀半ば
馬屋中門造り


鳴瀬川河畔の家(宮城県)
19世紀末
中二階式養蚕家屋


●遠野の家(岩手県)
19世紀半ば
南部曲り屋


●津軽の家(青森県)
19世紀半ば過ぎ
内馬屋式直屋(すごや)



国営みちのく杜の湖畔公園ロケハン(1)全景


より大きな地図で 野づり遍路(北日本) を表示

国営みちのく杜の湖畔公園は東北の中心都市である仙台市街地からほど近い立地ながら、自然豊かな丘陵地帯にひらけた釜房湖畔を総合的な文化・レジャー施設として整備した国営公園。

公園は釜房湖の二股のインレットに対して北区と南区に別れている。
駐車場はそれぞれ別だが、1枚の券で両方の駐車場を利用できた。
駐車料金とは別に入場料も必要。

北地区、南地区ともにイラストマップあり。北地区は平面、南地区はふかんマップで、建物の描き込みなどかなり丁寧に作られている。
釜房湖を含めた全体のマップはないので、原案を作成。

通常はこの角度。しかし公園が小さく、豊富な施設をおさめきれない。
角度を変更してみる。


湖畔のひろば(南地区)


彩のひろば(南地区)


エントランス(南地区)


風の草原とドッグラン(北地区)
ドッグランは国内最大級の規模で、雄大な景観と開放感が魅力。


わらすこ広場(南地区)
子ども用の遊具がある。ロケハン時は子どもがひとりしかいなかったので撮影にならず。


エコキャンプみちのく(北地区)
予約/料金体系ともに公園とは別体系。ウェブサイトも独立している。


みちのく自然共生園(北地区)
木道があり、湿地の植生を観察できる。尾瀬のような洗練はないが、逆に自然のままの野趣がある。


釜房湖